horahareta

吉本ユータヌキのホームページ

休日にパンを焼くことで会社を忘れさせてくれる

 
 土日が休みである今の会社に入社して1年が経とうとしている。思い返せば高校時代にアルバイトを始めてから、土日が定休の仕事に就いたことがなかった。

この1年、自分の中で決めたこと。休日の朝にパンを食べるということ。

 

f:id:horahareta13:20151003082916j:plain

それは平日にバタバタと支度をする為、ゆっくりと朝食を摂れないから。休日だからこそ、ゆっくりと朝を過ごせる有意義な時間を感じる為。

休日パンは会社を忘れさせてくれる。

 

f:id:horahareta13:20151003082949j:plain

エッグトーストを作る。卵ポケットを作る為に指でグッと食パンの真ん中を押してつぶすと卵が横からズレ落ちにくくなる。

休日パンは会社を忘れさせてくれる。

 

休日パンは会社で未だに「吉本」が覚えてもらえなくて「吉さん」って呼ばれてることも、たまに本社から来る部長に「吉村」って呼んでくることも、クライアントの社長さんからメールで「吉もこ様」って送られてきたことも忘れさせてくれる。

  

f:id:horahareta13:20151003083117j:plain

卵がこぼれないようにマヨネーズで塀を作り、卵を落とした後、塩胡椒をかけて味付けをする。

休日パンは会社を忘れさせてくれる。

 

休日パンは僕だけ新品のボールペンが支給されずに上司の使い切ったペンに替え芯を自費で買って使わされてることも、与えられてるパソコンが未だにWindows XPでメールを1通受信するのに40分かかる程に古いせいで先方から「メール届いた?」ってFAX送られてくることも忘れさせてくれる。

 

f:id:horahareta13:20151003083155j:plain

卵を落とした後、チーズをふりかける。

休日パンは会社を忘れさせる。

 

休日パンは上司から「どうしても君にしか任せられない案件がある」と任せられた案件で外出したら、その間に僕以外の全員でランチに行ったことも、僕がそばアレルギーと言ってからランチでそば屋が多くなったことも忘れさせてくれる。

 

f:id:horahareta13:20151003083315j:plain

最後にトッピングで味付け海苔を乗せてみた。ちょっとしたピザ気分が味わえる。

休日パンは会社を忘れさせてくれる。

 

休日パンは会社で5歳年下の女の子から「よかったらこれ飲んでください」ともらって飲んだのが賞味期限を4ヶ月過ぎた水だったことも、「この水、本当はすごい美味しいので買いませんか?」ってマルチに誘われていることも忘れさせてくれる。

 

f:id:horahareta13:20151003085023j:plain

休日パンは会社を忘れさせてくれる。

 

休日パンを調理している最中、卵を乗せてトーストまで持って行こうとして持ち上げた時、パンの底が抜けて卵がドゥルンと落ちる。

 

f:id:horahareta13:20151025102753g:plain

 

エッグ落トースト

 

 

それでも休日にパンを焼く。