読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

horahareta

吉本ユータヌキのホームページ

電話の向こうでの会話は電話を切ってからして欲しい論

f:id:horahareta13:20150611224413j:plain

f:id:horahareta13:20150611224425j:plain

f:id:horahareta13:20150611224437j:plain

f:id:horahareta13:20150611224448j:plain

f:id:horahareta13:20150604232826j:plain電話の向こうでの会話は電話を切ってからして欲しい

教わったマナーの通りに電話は先方さんが切ったことを確認してから切るようにしている。「失礼致します」の締めの言葉を放ってから“通話中”が“通話終了”に変わるまで、物音たてないように静かに待機。先方さんがなかなか切らない場合は、再度電話を耳にあて確認をする。

その時、まれに電話の向こう側で聴こえる会話「電話、誰から?」。確かに誰から?って会話になるのはわかるよ。けどね、その問いに対してのアンサーよ。「いつもの顔テカテカの子から!顔テカ顔テカ」ってさ。こらこら。焼肉屋のメニュー表の如くぬるっとしたオイリー感あるけど。ちゃんと電話を切ってからにしてくれ。FAXの場合も受信側は一度受話器を取ってピーピーと鳴ったのを確認して切るが、受信側の声が送信側に聴こえてることに、果たしてあなたは気づいているのか。あなたのその「なんや、FAXかい」の面倒臭そうに漏れた一言は聴こえているぞ!友達と別れ際、笑顔でバイバイした後の振り返りざまの一瞬で変わりゆく素の顔のように!全ての顔の筋肉の緊張から緩和していく“あの瞬間”のような真のあなたがバッチリと見えているぞ。

「吉本くんはいつも親身に対応してくれて、信頼しているし、息子のように思うわ」そう言ってくださる先方さんの社内ではお馴染みの顔テカテカの子になっていたのか。確かに、先日も職場で年下の女の子から「油取り紙いりますよね?」と突然断定的にプレゼントされたりと心に思いあたるフシしかない。

別に影で言われている分にはいいんやけど、その影の分が垣間見えてしまったり、あらわになった瞬間というのはなかなか苦手なもので。と、そういえば。少し似た話で数年前に友達の誕生日を祝う会があり、みんなでサプライズプレゼントをあげようと話になった。その当日に僕がプレゼントを買いに行く役割となり、無事購入してみんなに「一人当たり◯◯円でーす。プレゼントは欲しがっていた“電動ドリル”です!いろんな種類があったけど、安く済ませたいので一番安いのにしましたー」と、グループLINEを送った。みんな既読になるのに誰からも返事ないなーと思ってたら、そのLINEのグループに本人が入っていたんですよね。アンビリーバボゥ。
本人は何も知らんフリして喜んでくれたり「え!これ高くなかった!?」なんて大げさなリアクションしてくれたり。それはそれで気づかないフリしてくれてんだなってお互いにすごい気をつかった1日になりましたよ。って、わけで、気をつけましょう。なにかと。締めが雑だという気持ちはわかりますが、そういう感想も僕の聴こえないとこでお願いします。

 

 

▼Twitterやってます