読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

horahareta

吉本ユータヌキのホームページ

マンガを読むのが苦手なんです

f:id:horahareta13:20150604225802j:plain

f:id:horahareta13:20150604225812j:plain

f:id:horahareta13:20150604225823j:plain

f:id:horahareta13:20150604225834j:plain

f:id:horahareta13:20150604225841j:plain

f:id:horahareta13:20150604232826j:plain昔からマンガを読むのが苦手。

マンガって右上のコマから左に読んでは折り返して次の段で...ってマンガのセオリーがあるけど、4コマとか特になんやけど、そのページにオチがあったら順序を無視して思わず先にチラっとオチを見てしまいません?

人間のモラルみたいなのを試されてるかのような。極端に言うと「そこにオチあるけどまだ見るなよ!絶対見るなよ!」みたいな一人ダチョウ倶楽部状態。考えすぎなのは焼肉かってぐらいに重々(ジュージュー)承知はしてます。けどな〜見ちゃうんだよな〜。そして、先にオチを見てしまった時のガッカリ感たるや。受験の合格発表を見る前に「お前合格してたで!」って友達に言われた後に受験番号を見に行くような。僕は友達いなかったのでそんな気持ちわかりませんが。

オチを見ないようにページをめくると同時に後半を手で隠したり、目を以上なまでに細めて読んでみたり。オチはオチらしくRPGのラスボスみたいに満を持してデーンと現れて欲しいと思いつつ。いろんな工夫をしてみたんですけど、マンガここまで必死に読むものじゃないよなって、自分なにに苦しんでんだって思ったこともありました。あ、ワイドショーのフリップみたいにペリってめくれるのどう?

最近はスマホでスライドしてマンガが読めるようにもなったじゃないですか。このブログの冒頭の感じだとオチが見えてないからいいんですよね。そう思うと、現代化してきたのかな、身体が自然に。って昔からか(ズコー)。


そんな感じでマンガを読む自分とは日々闘っていますよ。まずりん先生みたいに想像をひょいと飛び越えるようなオチだったり、オチまでの過程も爆裂面白くて楽しいマンガ描けるようにならないとなーって思う。



▼Twitterやってます