horahareta

吉本ユータヌキのホームページ

10年続く秘訣をコロッケ作りながら考えた

今日、美容室でカリスマを目指す美容師さんに髪を切ってもらっている時に聞かれた。
 
「10年も続く秘訣ってなんスカ?」
そんなもんあるかいと心の中で笑いながら顔は愛想笑いで流した。これは妻といつから付き合っているのかという話。
あの時適当に流したものの、実際にここまで10年、妻と続いてきた秘訣なんてあるのだろうか。と晩ご飯のコロッケを作りながら考えた。

f:id:horahareta13:20150521195153j:image
コロッケをいくつ作りつもりなのかわからないが、じゃがいも23個、ひき肉(合挽き)400g、玉ねぎ1玉と適当に用意してみた。

じゃがいもを全て水につけながら流水で皮を洗う。洗濯の準備をする妻がやってきて
「23個は多くない?冷蔵庫の全部使ってない?」と、僕は怒られて6個を袋に戻した。むちゃくちゃな僕を止めるのはいつも冷静な妻だ。

「じゃがいもの皮は剥いてからレンジでチンする?チンしてから剥く?」
「どっちでもいいんじゃない?」
「じゃあ剥いてしまうか」
僕も妻も特に細かいこだわりはない。

ピーラーでひとつずつじゃがいもの皮を剥いていく。僕は手の皮膚が弱く、洗い物とかの水場作業をし過ぎると手が荒れてしまう。洗濯機を回して手が空いた妻がやってきて無言で作業を変わる。

皮を剥く妻の横で僕はひき肉を炒める。なんでも美味しいと感じる味覚音痴の舌を持つ万歳な妻は味付けが苦手なので、炒めたひき肉に下味をつけるのは僕の仕事。
皮が剥けたじゃがいもから順番にレンジでチンされていく。

妻が火を通りやすくする為にじゃがいもを一口大に切る。同時に玉ねぎを細かく刻む。ひき肉に火が通ったのでお皿にあげて粗熱を取る。妻は料理が苦手だ。

f:id:horahareta13:20150521193511j:image

昔から料理は全て僕の仕事だった。その代わりに洗い物、洗濯の水周りの家事は妻の仕事だった。特に役割分担したわけでもなく、気づいたらそうなっていた。そういえば決め事なんて何一つないかもしれない。それがケンカの原因になったこともあったが、それでも特に決まりごとはない。お小遣いもない。

玉ねぎのシャキシャキが苦手な僕は、妻が細かく切った玉ねぎを更に細かく刻む。いつものこと。気に食わなければ自分でする。
全てのじゃがいもに火が通り、柔らかくなったので、妻がスプーンの裏でつぶしていく。僕は潰されていくじゃがいもを見ながら下味の塩胡椒とコンソメを振りかける。

f:id:horahareta13:20150521193525j:image
玉ねぎを炒めてはひき肉と混ぜる。妻は明日のお弁当をそぼろご飯にしたいらしく、少し残すことにした。したいことはさせてあげる。

じゃがいものマッシュ具合は荒い方がいいが、さすがに潰しきれてないじゃがいもを潰していく。妻の力では限界だったらしい。

f:id:horahareta13:20150521193534j:image
妻のことを味覚音痴と言ったが、僕も濃い味が好きなそこそこ味覚バカである。けど、美味しい美味しくないは一般的なレベルではわかるし、味にはうるさい方。だから自分で料理をするようになった。そう言いながらも、味付けは目分量な適当な性格でもある、救いようのない人間。

塩コショウ、コンソメ、ナツメグ、マヨネーズを入れて下味の最終調整をする。できれば濃い味付けにしたいが、妊婦である妻が塩分の摂り過ぎにならないよう薄味にする。本当ならば濃い味付けでビールをカーーーーーっとできたら最高すぎるところではあるが、お酒が大好きな妻はもちのろん禁酒中。かわいそうなので家では一緒に禁酒している。
ちょっとだけね、ちょっとだけ労わる。当たり前だ!と言われる覚悟でいい旦那アピールである。
 
f:id:horahareta13:20150521193541j:image
全てのタネを混ぜる。先にタネを冷やしてからの方が混ざりやすくていいって聞いたことがあるけど、たぶん妻は今このホクホクのポテトサラダチックな状態でつまみ食いしたいに違いない。好きなこと、したいことをさせてあげたいと思うようになる。

案の定つまみ食いしては、案の定「美味しい」の一言。自分が作ったご飯、味付けを笑顔で美味しいと言ってもらえることがどれだけの幸せか。食べることが大好きな僕だが、妻にご飯を作ることはもっと好きだったりする。
 
f:id:horahareta13:20150521193546j:image
じゃがいもが大量過ぎたかと思ったけど、ひき肉の方が多かったので、そぼろご飯どんぶり分ぐらい余った。目分量でも笑って済ます適当な僕と妻。
 
f:id:horahareta13:20150521193550j:image
タネを冷蔵庫で冷やす為、バットにラップを敷いてタネを広く広げる。こうするとお椀やボウルに入れているより早く冷えるし、洗い物も減る。こんな当たり前の知恵ですら僕がドヤ顔で話しても関心する妻。

冷蔵庫で1時間ほど冷やしているうちにお風呂に入る僕。
洗濯し終えた衣類を干していく妻。
お風呂からあがってきてブログを書く僕。
お風呂に入る妻。

そろそろ妻がお風呂からあがってくる頃なので衣をつけて揚げる準備をします。そんなわけで10年も続く秘訣なんてわからなかったけど、一緒にコロッケ作ればいいんじゃないかな。知らんけど。


*追記
f:id:horahareta13:20150521224331j:image
コロッケ完成!結局健康を考えてノンフライオーブンで焼きました。美味しかったー。



▼Twitterやってます