読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

horahareta

吉本ユータヌキのホームページ

滋賀県沖島でねこあつめしてきた

おでかけ たぬ旅行 思い出 行ってきた

f:id:horahareta13:20150323113524j:plain

滋賀県に移住して5ヶ月。毎日会社と家の往復しかしていない上に、滋賀県で友達もできず。休日も保険屋さんとスーパーにしか行ってない。というのも滋賀県はなにもない。
いや、“なにもない”と言ってしまうのは語弊がある。生まれ育ちと28年間過ごしてきた大阪に比べると遊べる場所やスポットが少ないということ。
大阪は都会で電車に10分も乗ればショッピングモールだ映画館だ飲屋街だと賑やか。遊ぶことに困らないのだ。それに比べて滋賀県はのほほんとしていて移動は車が当たり前で近代的なスポットも少ない。“遊ぶ”という概念が大阪と少し違うように見える。

と思ってみたものの大阪でも大して友達もいなく遊びに行ってなかった僕が偉そうに言えることでもないし、滋賀県の街をも持て余している。
そんなこんなで滋賀県についていろいろと調べてみると大阪とは一風違った味のあるディープなスポットがあることを知った。

f:id:horahareta13:20150315115048j:plain

滋賀県近江八幡市の湖岸沿いにある船着場から、どうやら日本で唯一の“淡水湖に浮かぶ有人島”である“沖島(おきしま)”に行けるらしい。

 

f:id:horahareta13:20150315115216j:plain

その島にはたくさんの“ねこ”がいて、“猫島”とも呼ばれているそう。 

f:id:horahareta13:20150315115253j:plain

この日の天気は晴れたり曇ったり、琵琶湖がいつもより静かでスンとしていた。

 

f:id:horahareta13:20150315115346j:plain

沖島でどんなねこに出会えるのだろうか。

 

f:id:horahareta13:20150315115546j:plain

一ヶ月前に我が家は愛猫を亡くしてしまった。僕と妻の傷心旅行というのだろうか。うちに残されたご飯や遊び道具を持ち、少しでもねこの為になればいいなと。


向こうで出会うねこはどんな顔をしているだろうか。
もしかしたらまた素敵なねこを奇跡的な出会いがあるかもしれないなんて冗談を言いながら船を待っていた。
今日1日ではじめに出会ったねこには運命を感じるかもしれない。そう心をワクワクさせながらも妻と共に緊張していた。そもそも出会えるのだろうかと。

 

 

f:id:horahareta13:20150315115739j:plain

足元にすぐいた。

 

f:id:horahareta13:20150315115754j:plain

そんなすぐ出会う?

 

f:id:horahareta13:20150315115713j:plain

野生のねこが現れた。

 

f:id:horahareta13:20150315120140j:plain

 

f:id:horahareta13:20150323131954j:plain

めちゃくちゃ懐こい。すぐに飛びよってきては顔をスリスリしてくる。野良なのか飼われているのか。漁師さんに可愛がってもらっているのか。
声がすっごいねこで「にゃーお、にゃーお」と鳴いていた。我が家の愛猫は「ぐわおん、ぐわおん」と猫らしさのかけらもなかったので、逆に新鮮に感じた。

 

f:id:horahareta13:20150315121205j:plain

なんて言ってるうちに船が来たので泣く泣くバイバイ。
2時間に1便しかないので運命とか言ってられずにさよならバイバイ。
 

f:id:horahareta13:20150315121916j:plain

船内は居心地の良い庶民的な感じ。
 

f:id:horahareta13:20150315122156j:plain

片道500円。

 

f:id:horahareta13:20150315122817j:plain

沖島の方々が買い物に行く時に使われているそう。
調べたところ、沖島にはスーパーやコンビニがないらしい。

f:id:horahareta13:20150315123024j:plain

10分ほど船に揺られて到着。
でっかい鳥がいっぱい飛んでいて海のような感じがするも潮の匂いはせず、なんだか変な感じ。
 

f:id:horahareta13:20150315123128j:plain

いた!

 

f:id:horahareta13:20150315123137j:plain

いきなりいた!

 

f:id:horahareta13:20150315123151j:plain

船に降りて20秒ぐらいで出会った。
 

f:id:horahareta13:20150315123346j:plain

2匹で仲良く出てきた割に、茶色のねこが白黒のねこを威嚇しては首を噛んだりと喧嘩をしている。
 

f:id:horahareta13:20150315123649j:plain

はたまたじゃれているのか。なんだか野良猫にしてはふわふわで綺麗。
地元の人たちにきれいきれいしてもらってるのかな。
 

f:id:horahareta13:20150315123659j:plain

突然のカメラ目線。

 

f:id:horahareta13:20150323132029j:plain

一応ねこアレルギーなので距離感は保ちつつ、へっぴり腰で撮影。

 

f:id:horahareta13:20150315124049j:plain

ポケモンの戦闘シーンみたいなアングル。

 

f:id:horahareta13:20150315124018j:plain

どアップ。どうやらこの茶色のねこはカメラが大好きなよう。

 

f:id:horahareta13:20150315123420j:plain

最後は二匹でカメラ目線。

 

 

この島での滞在時間は2時間。なんせ2時間に1度しかない船。逃すと次が長い。
4時間いるにしてはすることがなさそうだったので2時間とタイムリミットを決めて、少し島を散歩することに。 

f:id:horahareta13:20150315124528j:plain

この沖島には300人程の人々が住んでいるものの、車が一台もない。
ほとんどが三輪車で、一家に一台は船を持っているらしい。
家の周りには網が干されていたり、死んだ魚が落ちていたりと大阪では見られない光景がたくさん。
 

f:id:horahareta13:20150315124717j:plain

ここでは美味しい魚料理が食べられるそうなんですが、この日は開いてなく。もはや営業している日があるのかどうかもわからない。

 

そうして島をぶらぶら歩いていると

 

f:id:horahareta13:20150315125045j:plain

白猫!

 

f:id:horahareta13:20150315125122j:plain

身体中をペロペロ。さっきの2匹に比べてあまりこっちに関心のない様子。
そういえば、野良猫にご飯を与えてはいけないみたいです。看板がしてあったので、持って来たカツオの缶詰はスタッフ(僕)が美味しくいただきました。
 

f:id:horahareta13:20150315125134j:plain

この写真ではわかりにくいけど、左目が黄色、右目が青色と両目の色が違うねこちゃんでした。全然相手にしてもらえず、そそそーっと後にしました。

 

さらに島の奥の方へと向かうことに。

 

f:id:horahareta13:20150315125425j:plain

 

f:id:horahareta13:20150315125431j:plain

 

f:id:horahareta13:20150315125440j:plain

 

f:id:horahareta13:20150315125451j:plain

近っ!!!

 

f:id:horahareta13:20150315125501j:plain

すごい勢いで小走りしてきてカメラに突進してすぐにあくび。
どうなってんの情緒。

 

f:id:horahareta13:20150315125524j:plain

 

f:id:horahareta13:20150315125806j:plain

 

f:id:horahareta13:20150315125936j:plain

 

f:id:horahareta13:20150315130142j:plain

なんだこいつ。
今までで一番懐こい。ずっと着いてくる。と思ったら先導切って「こっちやで」と言わんばかりに小走り。

もしかしたらこのねこが...運命のねこかも!なんて妻と話しながら着いて行ってみることに。
途中で一回着いて行かずにその場で立ち止まって見ると、20メートルぐらい一匹で走っていき、着いてきてないことに気づくと、振り向いて
 

f:id:horahareta13:20150315130602j:plain

いや、ついてこんかーい!

って ツッコミを入れるように走ってきました。


そんなことして遊んでると

 

f:id:horahareta13:20150315131253j:plain

もう一匹白ねこが。またポケモンの戦闘シーンみたいなアングル。
 

f:id:horahareta13:20150315131244j:plain

なにやらお互いに警戒している様子。さっきのねこ達みたいに喧嘩したらあかんで!絶対に喧嘩したらあかんで!って言ってると
 

f:id:horahareta13:20150315131404j:plain

すり寄っていき、威嚇。

 

f:id:horahareta13:20150315131412j:plain

ガブーっと首に噛みつき

 

f:id:horahareta13:20150315131518j:plain

僕たちは静かにその場を後にしました。


あの灰色のねこは僕たちをここまで誘導して、最終的に交尾を見せつけてくる変態ねこでした。 

 

 

f:id:horahareta13:20150315132516j:plain

城 きよしさんのメジャーデビューシングルカセットの宣伝ポスターが貼ってありました。
タイトルが『ひとり手酌酒』。

 

 

 

 

 

 

最新曲のPV貼っておきますね。 

 

f:id:horahareta13:20150315132811j:plain

沖島資料館なるものを発見!
 

f:id:horahareta13:20150315132822j:plain

しかし、この日は休館していたのか扉が老朽化していたのか、入り口のドアが開きませんでした。

さらに奥に歩いてみると
 

f:id:horahareta13:20150315132921j:plain

“いっぷくどう”という喫茶店が。
 

f:id:horahareta13:20150315135444j:plain

中は民家の広間そのまま。こうゆうあたたかい雰囲気がすこぶるいい。
 

f:id:horahareta13:20150315134612j:plain

店内の良い雰囲気に飲まれて、飲めないコーヒーを注文しました。
砂糖とミルクを2個ずつ入れてなんとか飲み干しました。
 

f:id:horahareta13:20150315134945j:plain

沖島ガイドマップと手作りの地図が置いてありました。
先にもらっておけばもっと効率良く散歩できたのではなんてことを思わないようにしました。ねこの交尾も見せられずに済んだのでは。なんて思ってなんかいません、絶対。


少し休憩して、お店の路地をさらに奥へと進むと。

 

f:id:horahareta13:20150315133011j:plain

 

f:id:horahareta13:20150315133019j:plain

あら、かわいいねこちゃん。
このねこは人見知りなのかここから一歩も動かず、近づくこともできず。
それにしてもいろんな所にねこがいっぱいいるもんなんですね。
 

f:id:horahareta13:20150315133300j:plain

沖島の裏側もスーンとした感じ。
ドラクエの妖精の城が出てきそうな。そんな感じ。

と言ってる間に2時間が経とうとしている。
あっという間の2時間。思った以上にねこに会えた。

愛媛県の猫島こと“青島”ほど大量にいるわけじゃないけど、十分に会えてよかった。
地元に人に聞くと、この日(3月15日)はまだ少ない方だったみたいです。 
これからもっとあったかくなれば、もっとたくさん出てきてくれるみたい。

帰りの船に向かう途中にも

f:id:horahareta13:20150315135839j:plain

さっきの茶色かな?

f:id:horahareta13:20150315135902j:plain

3匹いた!寒い日は船に隠れていることもあるそうです。

たった2時間で10匹ぐらいねこに出会えてしっかり傷心も癒されました。


4月から桜まつりなんかもあるらしく、下見に来ている人もたくさん。
JR近江八幡駅からバスやらタクシーやらを乗り継いで行けるそうです(この日は車で行きました)。ねこ好きな人はぜひ。
ようこそ 沖島へ(沖島漁協)

 

f:id:horahareta13:20150323132151j:plain


おわり



▼こんな記事も書いてます


▼LINE@でお知らせ配信してます
友だち追加数

▼Twitterやってます