読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

horahareta

吉本ユータヌキのホームページ

存在感の薄さに悩むあなたへ"存在感チェック"を作りました

ネタ バカマニュアル 大喜利

f:id:horahareta13:20140412205547j:plain

こんばんは、吉本ユータヌキです。

 

最近の僕の悩みでもあるのですが、

自分の存在感って気になりません?

 

この世でどれぐらい存在感を持っているのか。

というのも、先日コンビニのトイレを借りて手を洗って、ジェットタオルで渇かそうと思って手を突っ込んでみたものの全くジェットせず。

あれってセンサーがあって手を入れると感知してジェットが出る仕組みですよね?

もちろん電源は入っていましたし、僕の後の人ではしっかりとジェットしていました。

 

自分の存在は機械で感知できない程度のものなのかと落ち込みました。

 

なので今回は僕の経験も多少含めながら皆さんの存在感チェックをしたいと思います。

いくつかの項目を用意しましたのでチェックしてみてください。

 

1~3個該当した方は【存在感の強い人】

4~7個該当した方は【存在感の薄い人】

8~9個該当した方は【存在感はありません】

10個全部の方は【この世に存在しません

 

では、どうぞ!


スポンサードリンク

 

 

 

CHECK.01

f:id:horahareta13:20140412210144j:plain

f:id:horahareta13:20140412210330p:plainビラを配ってもらえない

ビラや居酒屋のキャッチなど街中で自分だけ声をかけてもらえない。

 

 

 

CHECK.02

f:id:horahareta13:20140412210615j:plain

f:id:horahareta13:20140412210330p:plain全く配ってもらえない

何人もいるにも関わらずに全く配ってもらえない。

ティッシュが欲しくてももらえない。

 

 

 

CHECK.03

f:id:horahareta13:20140412210740j:plain

f:id:horahareta13:20140412210330p:plainジェットタオルが反応しない

トイレの後のジェットタオルが全く反応しない。

もはやハンカチを持ち歩くのが習慣づいている。

 

 

 

CHECK.04

f:id:horahareta13:20140412210909j:plain

f:id:horahareta13:20140412210330p:plain自動ドアが開かない

ボタン式かな?と思ってボタンを探すもなく、なかなかドアが開かなくてぶつかりそうになる。

 

 

 

 

CHECK.05

f:id:horahareta13:20140412211110j:plain

f:id:horahareta13:20140412210330p:plainエレベーターのドアに挟まれる

センサーで感知してくれなくて必ず挟まる。

開くボタンを押しても開いてくれない。

 

 

 

 

CHECK.06

f:id:horahareta13:20140412211250j:plain

f:id:horahareta13:20140412210330p:plain鳩の群れに突っ込んでも飛ばない

警戒心の強いあの鳩ですら近づいても飛ばない。

 

 

 

 

CHECK.07

f:id:horahareta13:20140412211456j:plain

f:id:horahareta13:20140412210330p:plainダンサーに混じっても気づかれない

1曲丸々踊りきれる。

終わった後に一緒にランチもできると尚レベルは高い。

 

 

 

 

CHECK.08

f:id:horahareta13:20140412211638j:plain

f:id:horahareta13:20140412210330p:plain全裸出勤ができる

全裸で外出しても全く通報されない。

 

 

 

 

CHECK.09

f:id:horahareta13:20140412211812j:plain

f:id:horahareta13:20140412210330p:plain全裸通勤中に鳩の群れに突っ込んでも飛ばない

もはや自分の存在感はないと思ってください。

 

 

 

 

CHECK.10

f:id:horahareta13:20140412211930j:plain

f:id:horahareta13:20140412210330p:plain裸ンチパック

ここまでできれば、もう友達じゃない友達よりも大事な人。

 

 

 

 

 

あなたはいくつ該当しましたでしょうか。

ほとんど僕の実体験です。

 

ジェットタオルは反応しないし、ビラは配ってもらえない。自動ドアは開かないし、鳩は飛ばないどころか飛んでぶつかってきますから。

こんなにも存在感がなくて人間としてかなりのピンチに立たされているのも関わらず、

 

こんなくだらない記事を3時間もかけて書きました。

 

途中、テレビの人感センサーが僕を認識せずに電源OFFになり自分の存在感のなさに追い打ちをかけられ自暴自棄に襲われましたがなんとか書き終えました。

この世にはあなたより存在感の薄い人だっているのです。

 

ほら、自分の存在感の薄さに悩んでいた方も少しは生きる勇気を与えられたのではないでしょうか。

明日からこの記事を励みにいつも以上に胸を張って大きく過ごしていきましょう。

 

 

 

おわり