読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

horahareta

吉本ユータヌキのホームページ

人生初の"ビデオ試写室"に行ってきた

ウソみたいな日記 おでかけ 汚点 行ってきた

スポンサードリンク

f:id:horahareta13:20140128190119j:plain

人生初のビデオ試写室(個室ビデオ)に行ってみた

少し前に行った東京小旅行の時のこと。
早朝に東京に着き、夜行バスで寝たので寝癖で髪はボサボサ、携帯の充電も無くなりそうになっていました。
充電がてらシャワーでも浴びたいと思い近隣のネットカフェを調べると
 
 
 
 
徒歩35分。
 
 
 
予定まで時間は1時間半しかない。
大事な用事が控えていたので遅刻することもできない。
 
往復するだけでもかなりの時間を消費してしまう上にシャワーを浴びるなんてカツカツ。
しかし、大事な用事なので寝癖のついた髪のままではダメ。
絶対絶命の状態でした。
 
 
 
最大のピンチに追い詰められ、気づいた時には偶然通りかかった
 
 
 
 
 
 
 
 
 
老人ホームのリハビリ用のプールを眺めていました。
 
 
 
 
 
最悪、
 
塩素まみれでも構わない。
 
 
 
 
覚悟を決めましたが、当然入れてもらえることはできず諦めました。
 
再び僕にピンチが立ちはだかる。
むしろプールを眺めていたせいで時間をロスしてしまった。
 
 
 
 
 
そんな時に舞い降りてきた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
f:id:horahareta13:20140128192409j:plain
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
個室ビデオ(こしつビデオ)・ビデオボックス・DVD鑑賞店とは、一般のビデオソフトアダルトビデオをその場で鑑賞するための店舗である。
イマイチピンとこない人は個室の映画館だと思ってくれ。
 
 
 
 
 
僕は今まで一度"ビデオ試写室"に行ったことはない。
未知の領域だった。
 
ネットカフェ的な感じの小さなブースで区切られて、各ブースにパソコンとDVDプレーヤーが置いてあり、ネットカフェで店内に大量のマンガが並んである様にビデオ(DVD)が大量に並んである。読み放題。ジュース飲み放題。シャワー浴び放題。
 
 
ぐらいの感じだと思っていた。
 
 
 
言うならば、TSUTAYAの暖簾の向こう側(男のためのパラダイス)に視聴ブースがありますよーぐらいのイメージでした。
 
 
いや、映画館だと思ってくれ。
ワーナーだと思ってくれ。
 
 
 
 
 
しかし、僕は時間がないのだ。
滞在時間は30分もない。
さっさとシャワーだけ浴びて出ないといけない。
パラダイスなんて言っているヒマはない。
 
 
 
とりあえずシャワーが備えられている店を探す。
 
すると、
 
 
 
 
シャワーのみご利用可能!500円!
 
 
 
 
 
という看板をみつけた。
 
なんて都合が良いのだ。
 
ピンチはチャンス。
One for all,All for one.
 
とはまさにこの事かと、東京のど真ん中で
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
f:id:horahareta13:20140128195004j:plain
f:id:horahareta13:20140128214445j:plain
 
 
 
 
 
 
 
 
僕に最大のチャンスを恵んでくださった神様に見守られながら"ビデオ試写室"のあるビルのエレベーターに乗り込む。
全力で恩を仇で返してる感に包まれながらも、背に腹は変えれず、店内へ入る。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
f:id:horahareta13:20140128200423j:plain
『いらっしゃいませ〜♫』
 
 
 
 
 
思っていた以上に緩いテンションで寄ってくる店員。
 
入ってすぐ、ネットカフェの受付とは全く違い、むしろ"ドン・キホーテ"の暖簾の向こう側のような感じでした。
 
 
 
 
近くに寄ってきた店員は僕に
 
 
f:id:horahareta13:20140128200111j:plain
小さなカゴを渡してきた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
f:id:horahareta13:20140128200445j:plain
『お好きなDVDを6本お選びいただいてからレジまでお願いします〜♫』
 
 
 
 
 
 
 
いやいや、僕は時間ないねん!
DVD選んでるヒマないねん!
DVDなんかどうでもいいから、とりあえず早くシャワーを貸してくれ!
 
そんなことを思いながら
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
f:id:horahareta13:20140128204351j:plain
 
 
 
 
いやー。選りすぐっちゃいましたね。
全く観る時間なんてないんだけど。
 
一応、もしもの為にね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もはやシャワーなんてどうでも良くなってました。
 
そんな感じで自分的オールスターを組み打順を熟考しながらレジへ向かい、滞在時間を指定し、シャワーを使いたいと伝える。
 
すると先払いということで財布を取り出しお金を探している時。
店員さんがカゴにタオルコンドームを入れてました。
 

 

ん?
 
と思いながらもお会計を済まし、エレベーターで言われたブースの階まで昇り、フロアに着いて扉が開くと
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ドアの前に上半身裸のおっさんがいっぱい並んでました。
 
そして一言
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
f:id:horahareta13:20140128211551j:plain
f:id:horahareta13:20140128205642j:plain
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
僕は黙ってドアを閉じて1階まで降りて
 
帰りました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
危うく"未知の領域"に引きずりこまれるとこでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もう当分"ビデオ試写室"行かないと心に決めました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おわり
 

 

 

 

体でモノマネ 梅宮辰夫 SPO-001

体でモノマネ 梅宮辰夫 SPO-001

 

 

 

梅宮辰夫の魚のさばき方 (タツミムック)

梅宮辰夫の魚のさばき方 (タツミムック)