horahareta

吉本ユータヌキのホームページ

何気なく取ったフリーペーパーからはじまる出会い

【スポンサーリンク】
 

f:id:horahareta13:20131217192750j:plain

何気に手にとったフリーペーパー 

先日、コンビニでコピー機を使ってる時の待ち時間の暇つぶしに手に取った
7ぴあ

全国のセブン-イレブンにて、チケット情報や注目アーティスト情報等を掲載した月刊のフリーペーパー「7(セブン)ぴあ」

(フリーペーパー「7ぴあ」最新号発行しました|ぴあ株式会社)

 

" エレファントカシマシ"が表紙やったんで何気なく開いてみました。

f:id:horahareta13:20131217192904j:plain
え?フリーペーパーでもこんなガッツリとしたインタビューするん?』 
って思いました。
全4ページ。音楽雑誌よりも濃い内容なんじゃないか?って思う程の文章と情報。
ファンなら読みたくなる内容やと思うし、好きなアーティストがこれだけ掲載されてれば嬉しいでしょうね。
 
次のページには、
f:id:horahareta13:20131217192912j:plain
 "RIP SLYME"のインタビューが。
こちらも内容盛りだくさん。
 
この後は"森山直太朗"、"Dragon Ash"、"宮澤佐江(SNH48)"と続く。
 
アーティストのインタビューの後は、
f:id:horahareta13:20131217192921j:plain
芸人さんのコーナーが。
シリーズなのかわかりませんが、今回は
"よしもと芸人が教える おいしいウラなんばの歩き方
という、"笑い飯"が"博多 華丸・大吉"になんばの美味しいお店を紹介するコーナーでした。
僕はなんばによく行くので、美味しそうな店を知れて
今度行ってみよう!!』って思った。
 
雑誌の後半は、
f:id:horahareta13:20131217192957j:plain
 映画やライブ、イベントのチケット情報から新譜CDの情報まで。
 
これだけの情報がフリーペーパーに詰め込まれてるってのがすごいなーと思った。
無料で配られるこの雑誌を作るのにどれぐらいの経費がかかってるんやろか。と、興味も湧く。
 
けど、それよりも一番気になったのが、
この雑誌の認知度はどれぐらいなんやろうか。
と思った。
 
僕は今回偶然手に取って知る事になったけど、普段ぴあは使わないし、セブンイレブンでフリーペーパーが置いてあるなんて思ってもなかった。
あの時コピー機を使わなかったら、ローソンに行ってたら、表紙がエレカシじゃなければ。たらればを言い出したら切りがないけど、出会う事の方が少ないのでは?と思った。
毎月欠かさず読んでるもいるやろうけど、知らない人の方が多いでしょ?
 
偶然知ったこのフリーペーパーを作った人たちの思いは、届けたい人に届いてるんかなー?と思った。
今回はエレカシRIP SLYMEを筆頭に載ってて、それがエレカシのファン、RIP SLYMEのファンが知ってるんやろうか。
この雑誌でしかないインタビューを読んで喜ぶ人に届いてるんやろか。
 
フリーペーパーって無料で手に取りやすいけど、日陰にある印象がある
TOWN WORKとかホットペッパーとかフリーペーパーのイメージが優先してる雑誌は別ですが。
 
なんかもったいないなーと。
チケット情報のための雑誌なのかもしれないけど、この雑誌で得れない情報があって、インタビューがあって、プレゼントまであって。
(僕が知らないだけで、世の中の大半の人が読むベストセラーばりの芥川賞にノミネートされるぐらいの人気雑誌ならばごめんなさい) 
 
僕は今まで全く知らなくて過去の刊を読みたいって思わされたので。
 
世の中にはたくさんの本がいっぱいある、フリーペーパーも電子書籍も。

以前に

"消費者離れしていく書店について考えてみた - ココロトココロ"

なんて記事を書いたことがあるんですが、次から次へと時代は便利な方へと進んでいく。

 

ネットでなにもかもの情報が得れてしまう世の中で、そんな便利なネットが中心の生活にどっぷり浸っていたので、オリジナルの情報や特典がある紙媒体のフリーペーパーに出会えたのが嬉しく感じました。

こうゆう雑誌にこだわる人は信念を持ってやってるんやろなーと。

そうゆう人の気持ちを考えた時に、こうゆう雑誌がもっと喜ぶ人に読んでもらえたらいいなーと思いました。

 

 

 

 

 

 

山の数ほどあるフリーペーパー

世の中にはすごい数のフリーペーパーが作られていて、それぞれの届けたい思いがある。

埋もれてる雑誌、まだ日の目も見ない雑誌がいっぱいあるんやろなーと思い、調べてみました。

 

こんなサイトがありました。

f:id:horahareta13:20131217204103p:plain

フリーペーパー ナビ|FREEPAPER NAVI

年々クオリティーが高くなり、有料紙・誌を脅かす存在になりつつあります。

しかしながら、フリー(無料)で発行している為、広報や流通に関しては千差万別。媒体ごとに違う為、入手方法がわからなかったり、知らない内に新しいものが創刊されていたり・・・

フリーペーパーナビでは、そんな全国で発行されているフリーペーパーを、ジャンル・地域・スケジュール別でご紹介!! 発行部数1000万部のフリーペーパーから、数千部のフリーペーパーまで、規模の大小に関わらずご紹介していきます!! また、フリーペーパーを発行している出版社の方々、これから発行を予定されている会社さん。フリーペーパーに広告掲載を予定されているクライアントさん等にも、為になる情報を掲載していきます!! 

 日本のあらゆる地域にあるフリーペーパーの情報が載ってるサイトです。

こんなサイトがあるんですね。はじめて知りました。

せっかくなんで、いろいろ見てみたいと思います。

 

 

このサイトではじめて知った、気になったフリーペーパー

大阪スケジュール

大阪スケジュールは 大阪の遊びやイベント情報を網羅する情報紙です。

タイトルそのまま、大阪のいろんな情報が載ったフリーペーパー。

関西ウォーカーとかも面白い観光スポットとかイベントとか載ってるけど、もっと大阪に密着した内容なのか"市バス"が取り上げられたりしています。

 

日和

TOP of 日和 hiyori web! | 長野県のタウン情報満載のフリーペーパー

長野県の情報雑誌のようけど、デザインがかわいくてついつい見てしまいました。

こうゆう細部までこだわったデザインって目を引く。作者の意図を読み取りたいとも思うし、誰かにオススメしたい!って思う。

長野県は遠いし行く訳じゃないけど、読みたくなる雑誌でした。

 

いまドキ

いまドキ

表紙の女の子がかわいくて開いてしまいました。

サイトに飛ぶと、読む事ができるんですが、これ普通のファッション誌やん

ってツッコむ程の内容。読者モデルを募集してたり、おもしろペットのコーナーがあったり。流行の服が紹介もされていて。

無料で読めるのがもったいないぐらい。

 

Dry Art

自費出版 絵本・小説など パブリック・ブレイン

「日常にもっと読書を、日常にもっとアートを」をコンセプトに、読書好きの方、アート好きの方、または、クリエーターの方に向けた、コンテンツを用意しています。季刊、年4回発行を目指します。

本を読むことを薦める雑誌っておもしろいなーと思った。

こんな呼びかけは"フリーペーパー"やからこそ意味のあるものなんやろうな。 

"読む"だけじゃなくて、"書く"方の支援をしてるのも興味が湧きました。

 

 

 

ちなみに、電子書籍のこんなサイトもありました。

 

allfreepaper.jp  

 

 

 

 

何気なくから得る情報

いろいろ調べてみて、世の中にはいろんな思いが詰まったフリーペーパーがいっぱいあるんやなと気づいた。

無料にしてるのは知って欲しい情報があったり、伝えたい意図があるからで、少しでもたくさんの人に届けたいって気持ちなんやろうと思う。

作る側は広告料があって上手く成り立ってるんやろうけど、読む側の僕らからすれば"何気なく手に取った無料の雑誌"という感覚で読んでいたりもする。

これだけ充実した情報が得れて嬉しいことないのに。

 

無料の雑誌やから日陰に置かれてあって、邪見に扱われたり。

値段こそ物の価値を表す基準になってるかもしれないけど、フリーペーパーの気持ちのこもった内容こそ値段以上の価値と想いがあるなーと。

 

想いのこもった良い雑誌が人の役に立ち、喜ばせ、感動をさせるはず。

こういろんなこと考えて気持ちを文章にしてると共感できる部分もあるので、まだまだ知られてないフリーペーパーがもっと日の目を見る機会が増えればいいなと思いました。

 

 

 

 

 

 

今度、どこかでフリーペーパーをみつけたら何気なくの気持ちから開いてみてください。

おもしろい出会いあるかもしれませんよ!

 

 

 

 

ステキな出会いがありますよーに!!

 

 

 

 

おわり

 

 

わたしだけのフリーマガジン・フリーペーパーの作りかた

わたしだけのフリーマガジン・フリーペーパーの作りかた

 
etrangerdicostarica A4フリーペーパー50クラフト PRNA4-A-01

etrangerdicostarica A4フリーペーパー50クラフト PRNA4-A-01